Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

せっかくオールクリアになったのだから

今日、病院に行って、4月の血液検査の結果をもらいました。
検査項目のすべてで異常値なし。
血圧も、起きぬけで140前後-95前後、日中で120前後-75前後。以前は、起きぬけで160-100程度、日中で135-80程度でしたので、格段の改善です。もちろん、これは薬で管理されてる状態の値ですから、薬を止めるわけにはいきません。
でも、いま1日に7種類の薬、10服を飲んでいますが、オルメテック(ARB)アムロジピン(Ca拮抗薬)グルコンサンK(カリウム)が主に効いているようです。以前からの血液検査でカリウム値が少し低いことは指摘されていましたが、ここ半年間カリウム6mg/日の服用で、検査値も血圧も改善されたことから、それ(副腎皮質からのアルドステロンのの過剰分泌→低カリウム→高血圧)を確かめるために、1泊2日の検査入院をしようかという話になっていますが、とりあえず8月まで執行猶予。
こちらに帰ってから2年近く食事療法(自炊)を続けていますが、それがやっと功を奏したのか、東京にいたときのピーク時からは20kg、こちらに戻ってきてからでも10kg減量しました。おかげで、BMIも24.3と“普通”の範囲に入りました(WHO的標準体重までは、さらに7.1kgの減量が必要ですが)。「その効果もかなりあるのではないか」というDrの話。

こんなカンジで、東京時代よりもメチャ健康になりました。収入は激減しましたが、健康はそれに変えられません。
MIMIKO氏と話していました、「何歳で死んでもいいけど、死ぬ直前までは元気でいよう!」と。こっちにいると、それを実現できそうです。東京にいたら、脳梗塞を再発して半身不随、最悪は寝たきりになっていたかもしれません。萎縮性胃炎から胃ガンというステージに進んでいたかもしれません。
せっかくこんなに健康になったのに、核事故による放射線被曝なんかで健康を害されてたまるか!
原発に対して「反対だが沈黙」から明示的反対に態度を変えたのは、これが理由です。

もうひとつの理由は、もちろんフクシマです。
フクシマの核事故自体もそうですが、事故に対する政府・行政の対応が、ボクの態度を決定的なものにしました。
自分たちの責任逃れのために事故を過小評価し、その結果、国民・住民の被曝を少しでも少なくしようという処置がなされませんでした。

  • 事実把握のためのきめ細かな線量計測すら行われませんでした。そもそも、核事故直後にアメリカやフランスなどから提供された3万台以上の線量計が必要なところに配布されることなく、半分以上が成田の倉庫に眠っているという話です(05/20ごろの話ですが、いまはちゃんと配布されたのでしょうか)。
  • 適切な避難に不可欠な情報である放射性物質の飛散予想も隠蔽されました。
  • 年間被曝限度を引き上げて「安全だ」としかいいませんでした。
  • 避難に当たっては、避難先を用意しないばかりか、避難手段すら用意せずに、「いついつまでに避難しろ。非難しないと責任は持てない」との無責任ぶり。
  • 3か月以上たった今でもなお、放射性物質で汚染された表土の除去や除染は行われていません。
  • フクシマ以前は野菜や牛乳の安全基準は存在せず、泥縄的に作った暫定基準をもとに「安全だ(出荷制限だ)」と言っています。
  • 航空機が墜落して航空機自体の問題が否定できないとき、とりあえず同型機の飛行が中止されて事故の再発を防いでいます。フクシマの核事故でいままでの安全基準(設置基準)が破綻していることが明らかなのに、それを改めることなく安全宣言して、停止中原発の再稼動を促しています。「事故を起こそうとしている」とまでは言いませんが、国民を危険にさらしているとしか思えません。

老いぼれナチスト(石原慎太郎に関しては、怒り心頭に発していますのでこのような表現になりました)の息子・石原伸晃は「反原発はアナーキー(無政府的)だ」と言いましたが、フクシマの事故対応こそがアナーキーです。住民・国民を守るために、政府・行政が何をしましたか。何もしていません。これこそ「無政府的」と言わずして、何が無政府的なのでしょう。
いや、それ以上です。
上記のように、国民の安全を守ろうという姿勢や行動がまったく見られません。それどころか、進んで住民を被曝させています。これは現在進行形です。

それらを見せ付けられて、こんな加害的な政府の下で設置・運転されている既存の原発が安全だと思えますか。建設中の大間原発やこれから建設されようとしている上関原発(ウチから数十km)が安全だと思えますか。ボクには、とうてい安全だとは思えません。万が一の場合でも、政府が助けてくれるとは覆えません。
やっと得た健康を、上関原発のために手放す気は毛頭ありません。

スポンサーサイト

PageTop

本日も検査

いまの大体の血圧は、

朝一の起きぬけ : 160/90@50
昼間      : 132/82@60

昼間はよく管理されているのだが、やはり朝一が高い。
高血圧の原因をあれやこれやと考えていてくれるのだが。


で、本日は抜き打ちで血液検査。
# ピロリ菌の呼気検査のために絶飲食で病院にいっているので、抜き打ち血液検査も可能だったのか。

Na : 146(135~145)
K  : 3.3(3.5~5,0)
Cl : 108( 98~108)*塩素ではなく"クロール"とからしい(意味不明)
Ca : 8.2(8.2~10.0)

どれもこれも、範囲ぎりぎりかちょっとオーバー。
Naが高めでKが低め。前回の血液検査でもKが低くかったので、利尿剤を休薬して様子を見ていたのだが、やっぱり低い。
追加でアルドステロンも検査することになった(追加採血ナシ)。
で検査の結果でアルドステロンブロッカを飲むことになるかもだって。これもまだジェネリックがなく高い薬らしい。今飲んでいるオルメテックも高いのに!

「まあ歳なのだから」と動脈硬化にすべてを押し付けて特段の原因追求はせず、そのかわり(?)自己負担ゼロの医療、それはそれでもいい。
今みたいに定期的な検査(けっこう頻繁)と原因追求の医療。そのかわり3割負担はしっかり取られる。懐には厳しいが、好感が持ててこれも良い。

どちらも、大学時代に一緒にバカなことばかりやっていた同じ仲間。強いて言えば、前者の医者はマジメなクリスチャン。まっ、どちらもありがたいものです。持つべきは医者の友人かな(爆)
コイツら以外にも、話せば一晩はかかるほど医者の友人がいるけど、誰一人として教授まではなれなかった。最もおとなしくしていたヤツでさえ助教授どまり。しょせん、ボクの友達ですから。


PageTop

血液検査の結果

カリウムがちょっと低いけど、全体的に問題なし。
特にコレステロール系は

HDL    : 52(40~80)
LDL :114(70~139)
中性脂肪 :96(50~149)

糖尿系は
HbA1c   :4.8%(5.8%未満)

と立派!
ちなみに、この血液検査では検査項目が多数で、25mLも取られた。


素の血圧は相変わらず高いけれど、コントロールされた血圧は135-80とほぼ正常値。

内視鏡(胃)では、慢性胃炎は相変わらずだけど、去年聖路加で指摘された萎縮性胃炎は今回は指摘なし。生検でも悪性所見なし。
念のため、次回はピロリ菌の呼気検査をすることになった。


とまあこんなカンジで、医学的にはほぼ健康。
でも、精神的には刺激欠乏症候群です(笑)


PageTop

早起きした朝は

寒いときにムリして歩くと体に良くない!
なんて言い訳をしながらサボッてきた朝のウォーキング。でも、携帯のアラームのおかげで、毎日6amには一度は目を覚ましていたのですよ。
そんなプチパパに朗報!
天気予報によると、今週から暖かくなるということで、ウォーキングの習慣を取り戻すべく一念発起。
リハビリ初日の月曜日は、・・・・ ゴミ捨て5分のみ (X_X)
火曜日、今日こそ歩くぞと表に出たら、
DSC_3252R1.jpg
・・・・ 雨降り。天に見放されてしまったようです。

雨さえ降っていなければチャンと歩きますので、神様、そこんとこヨロシク!
三寒四温の四温の部分だけですが :p


庭のしだれ梅、開花まであと2・3週間かしら。
DSC_3240R1.jpg


そうそう、01/07のダイエット再開宣言以来の大豆+野菜ダイエットで3キロやせました。まあまあ、いいペースですね。これに早朝ウォーキングが加われば、5キロ/月も夢じゃない。
成果が具体的に数字で見えれば、ガゼンやる気になりますね v




PageTop

石油ストーブ

この家の暖房器具といえば、石油ストーブ(ファンヒーターでもない昔ながらの)と数台(!)の電気ストーブしかない。まっ、比較的温暖な地だから、それですむといえばすむのだが。
老婆に聞いたら、「石油ストーブは臭いから使わないよ」とのこと(そういうことを聞いているのではないけれど)。
つまり、自分が居る場所で、自分に向けて電気ストーブを点ける。そんなスポット暖房しかしていないし、使わない部屋の扉も開け放しているから、いくら温暖な地とは言え家の中が寒々しい。
しょうがないので、使っていないという石油ストーブを物置から持ち出し、灯油を買ってきて燃焼試験したら、特に問題なさそう。それに、言うほど臭くはない。ということで、石油ストーブを扉を開け放したボクの部屋で焚き、廊下の反対側のDKと老婆の部屋の扉を開け放して、面で温める暖房に切り替えることにした。
老婆曰く「今年の冬は暖かいな。トイレに行くときにコートを着なくてすむ」だと。「違うよ。石油ストーブで廊下まで温めてるからだよ」とおしえる。「それだと、灯油がいっぱい要るだろう」と老婆。そりゃそうだ。

ということで、石油ストーブの上に鍋を置くことにしました。
中火以下でクツクツと長時間煮込むものということで、ここのところ豆に凝って居ます。先日のぜんざい然り。黒豆や金時豆はもちろんのこと。

DSC_2813R1.jpg


大豆の水煮を作っておいて、豆ひじきを作ったり、さらにそれをご飯で炊き込んでひじきご飯にしたり。

DSC_2811R1.jpg

豆以外では、おでんが最高!
昆布だしの中で魚系の味(イワシのつみれやはんぺんなど)と肉系の味(鶏団子や牛スジなど)の味が混ざって、めちゃおいしかった。スジもトロトロでしたね。
シチューやカレーも最高!
安いすね肉(東京に比べて、こっちは肉が高い!)を朝から煮込んでおくと、夕方には無添加極上ブイヨン。そのまま一晩寝かせ、翌朝、白く固まった脂を取り除き(もったいないけど)、野菜を放り込んで、晩ご飯に。食塩をほとんど使わずにすみますよ。
ポトフは、朝からやって失敗でした。キャベツとかジャガイモとか、完全に煮崩れちゃって。ソーセージや肉などは朝かクツクツやってもいいけど、野菜は時間を考えなきゃ!(と、反省)

ともあれ、時間がおいしくする料理には石油ストーブは最高!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。