Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何も予定のない夜に

ふと思い立って窓から外を見る。
IMG_2477t.jpg
右端の明るいビルが六本木ヒルズの森タワーです。
寒くて空気が澄んでいるせいか、夜景がとてもきれいです。
IMG_2482t.jpg
六ヒルと東京タワーをツーショットにしてみました。
ホントに東京の夜景はきれいですね。

ふるさとは好きだけど、特に第二のふるさと山口は好きだけど、やっぱり田舎には住めない。この赤い灯青い灯がないから。

なんちゃって、イ・イ・ワ・ケ!


スポンサーサイト

PageTop

仕事のないときは・・・・プチと一緒に

ウォーターフロントのマンションかと思いきや・・・
IMG_2440R.jpg
船なのですヨ。思いっきりズームアウトしても、大きすぎてフレームにおさまりませんが。
IMG_2456R.jpg
日本船籍最大の客船、飛鳥Ⅱ@横浜港大桟橋です。
日本郵船時代の《クリスタル・ハーモニー》から、郵船クルーズへ移籍・改装後、初のお披露目です。
こんな船で世界一周クルーズ・・・・とも思うけど、プチパパは3日で飽きます、きっと。
だから、南太平洋クルーズもムリ。香港OWがせいぜいかな。

このあと、タイタニックごっこもしたのですが、ピンボケで・・・(泣)
200数十mの船体をパノラマ撮影したのですが、それも失敗・・・(怒)

あきらめて次へ!
IMG_2442R.jpg

次はもちろん・・・
IMG_2469R.jpg

決まってるんです。
IMG_2473Rt.jpg
こんな↑↑姉貴↑↑といると、必ずこのパターンなのです。

この日、食べたものは
◇ケーキ2種@東京プリンスホテルパークタワー
◇スパゲティ2種@代官山のカフェ
◇ケーキ2種@KIHACHI
◇サンドウィッチ+ラザニア@代官山
やはり、太りますよね~ェ

PageTop

ノスタルジックツアー

吾が第二のふるさと、山口に行ってきました。

山口が歴史に登場するのは、大内さんの時代(室町時代、特に応仁の乱のころ)と毛利さんの時代(特に幕末)。
最初に行ったのは、サビエル記念聖堂
IMG_2316R.jpg
この建物は最近の再建で、プチパパがいたころとはぜんぜん違う。
2・3年に1回くらい、山口はホワイトクリスマスになったのですが、そのときに旧記念聖堂(といっても室町時代の建物ではなく戦後の建物ですが)の正面の大きなもみの木が雰囲気のあるクリスマスツリーになるのです。でも、そのころの建物は、残念ながら消失してしまったそうです。でもね、すぐ下が消防署なのですけど・・・。再建時にもみの木も切ってしまったのでしょうね。
これ↓↓が、話題のフランシスコ・サビエルさんです(右手にも注目)。
IMG_2318R.jpg IMG_2319R.jpg
ちなみに、サビエルさんが山口に来たのは大内さんの時代だったようです。

これが県庁の正門・・・・・・・・・・これが県庁の庁舎です。
IMG_2323R.jpg IMG_2324R.jpg
ウソです。
左は、幕末に設置された毛利藩山口藩庁正門で現県庁の西門。右の写真では、手前が旧庁舎、何の特徴もない奥の茶色の建物が現本庁舎のようです。

歴史を遡ること500有余年、応仁の乱のころに京都を逃れた公卿貴族をたくさん受け入れた太っ腹大内さん。
彼らにゴマをすろうとしたのか、はたまた親切にもホームシックに対応しようとしたのか、山口に京都を再現しようとしたようで、山口市街の中央を流れる小さな川一の坂川を京都の賀茂川に見立てて街づくりをしたそうです。たとえば八坂神社があり、夏(7月下旬だったかな)には祇園祭もあります。
IMG_2332R.jpg
少々貧相ですが、これが八坂神社です。
文化的には、この頃が山口の黄金時代だったのでしょうね。
山口のお土産の大内人形(結構高いのです!)もこの時代に祖があるとも聞いたことがあります。

山口の観光のシンボルとされているのはこの瑠璃光寺(素性はよく知りません)。
IMG_2329R.jpg IMG_2330R.jpg
(写真は五重塔の上三層です。)
もちろん、お酒を持って入ってはいけないんですよ。でもね、学生時代には、よく持って入っていました(スミマセンです)。
夜はライトアップされて、プチデートコースでした。もちろん自転車で行っていました。

その学生時代を過ごしたキャンパスがこれ。
IMG_2335R.jpg
入学したのは統合移転の途中でキャンパスは広々としていたのですが、今回行ってみたら、なんか窮屈な感じでした。建物も古くなっていたし・・・
そして、これが、約1年半暮らした男子寮です。
IMG_2336R.jpg
外観は変わっていませんが、中はどうなのでしょうね。

プチパパはこの町が好きです夏は暑いし冬は寒い。県庁所在地としては全国でもっとも小さい(人口の少ない)。田舎だし。でも、「♪この町が好きさ~、君がいるから♪」と歌いたくなるくらいに。きっと、最も多感な時期を過ごしたからでしょうね。町のそこかしこに思い出がしみこんでいるからでしょうね。

最近、こんなキャンペーンをやっているようです。
IMG_2322R.jpg
帰れるものなら帰りたいです、山口へ。
でも、都会にすっかり毒されているこの体、山口に3日もいると禁断症状が出るのです。「刺激~、刺激をくれ~」って!

PageTop

表参道ヒルズ

ご招待ということで、表参道ヒルズのプレオープンに行ってきました。

第一印象・・・「壁みたいな」
IMG_2308R.jpg


は・・・・・「エッシャのだまし絵みたい」
IMG_2302R.jpg IMG_2304R.jpg IMG_2307R.jpg
  3Fから↑・・・・・・・・・・・・・2Fから↑・・・・・・・・・・・・1Fから↑・・・・・・・・

通路がラセン状になっていて、3Fから歩き始めると自動的にB3Fまでたどり着く。んっ!
また、ショップの間口が小さく、ほとんど二間。ん~!
これじゃ、ショップは品揃えが大変ですね。
スペースが小さいから、わぁ~と並べることはできない。かといって、(プチパパから見て)表参道ヒルズ自体の狙っているマーケットセグメントが不明確だから、ショップも特定のセグメントに狙いを絞った品揃えができないだろうし・・・・他人事ながら、心配してしまいました。

結局、特に目を引いたショップもなく、もちろん買いたいものなどなく、でもせっかく来たのに・・・・なんて欲求不満が残って、六ヒルに行ってしまった。
IMG_2314R.jpg


表参道ヒルズは日本で2番目に有名な建築士さんの設計らしいけど、・・・きっとあまり足は向かないでしょう。
# ちなみに日本一有名な建築士さんは、やはりあの方ですよね。

PageTop

夜会

夜会 Vol.14 24時着 00時発に行ってきました。

9月に開催を知り、10月に申し込んで、11月に当選。
そう、ここのところクジ運が悪く、宝くじも懸賞もまったく当たらなかったのですが、なんと当選(ひょっとしたら全員当選?)。ちなみに前回は東急百貨店経由でちょっとズルしての入手でした。
当選したときは「まだまだ先!」って気分だったのですが、なんかあっという間に今日になってしまいました。
060207_1933~02.jpg
小さくて↑↑スミマセン m(_ _)m
デジカメは持っていったのですが、メモリーカードが入っていませんでした。

彼女に対する評価はいろいろありますが、プチパパはみゆきファンです !!
@20,000×2と高いうえに、競争率も高いという二重苦(!)もものともせずに、10年ぶり2回目の夜会でした(前回は「Vol.10 海嘯」)。

で、今回の席は、なんと前から3列目のほぼ中央という最高の席。中島みゆきの生声が聞けるのではないかと期待していたのですが、・・・・よくわかりませんでした。PAの音が(ステージに近い席には)大きすぎて。
PAの音像での中島みゆきの位置と実際の中島みゆきの位置とのギャップから生声を聞き分けようとトライしたのですが、・・・・よくわかりませんでした。

で、肝心の感想ですが、・・・・う~ん、長くなるのでやめます。こんどお会いしたときにでも
でも、ホントは、2・3回観ないとよくわからない。
よくわからないけど「4万円、返せ!」とはもちろん思わない。よくわからなかったからイマイチ感動はできなかったけど、十分に楽しめた。
「同じ@2万円で夜会かベルリンフィルか」と問われれば・・・演奏曲によってはベルリンフィルかな ?!
「チケット、タダであげる」と言われれば、もちろんいただいて、また観にいきます。決してヤフオクには出しません。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。