Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボクにはこんなまねはできません

ウチの前の電柱の建て替えで、電線の引越しで停電のために仕事もできず、どこに行くほどの時間もなく、下から工事を見ていました。

03DSC_2754R.jpg

安全帯をしているとはいえ、よくこんな体勢で作業できますね。スゴイ!
以前、友人宅のアマチュア無線のアンテナ上げで二階建ての屋根にあがったことがありますが、怖くって怖くって。
こんな高所作業車があればどんなに樂だろうなんて思った記憶があります。

03DSC_2762R.jpg


今日は昼間はバツグンにいいお天気でした。「雲一つない上天気」って、こんな空をいうのでしょうね。


スポンサーサイト

PageTop

日本の夕陽 百選

ここ、きららビーチ焼野は、日本の夕陽百選にも選ばれている夕陽の景勝地です。
この日は、厚い雲もなく、観光写真のようにきれいに焼けました。


「高い高~い」をしている親子と、それを撮っているカメラマンたち。そして、「我関せず」と通り過ぎる人。
03DSC_2184R.jpg

夕陽を見つめる女性。
03DSC_2192R.jpg

ヤシの木が何本か植えてあって、アカプルコみたいです(って、行ったことないけど)。

03DSC_2173R.jpg

03DSC_2223R.jpg


で、この日は、火事みたいに焼けていました。

03DSC_2190R.jpg

03DSC_2191R.jpg

03DSC_2197R.jpg

03DSC_2201R.jpg

03DSC_2230R.jpg



PageTop

朝陽の中で

この前まで「暑くて歩けない」と言っていたのに、もうすぐ「寒くて歩けない」と言いそうな自分がここにいます。

03DSC_2160R.jpg

03DSC_2153R.jpg

03DSC_2157R.jpg

03DSC_2165R.jpg

03DSC_2170R.jpg

03DSC_2152R.jpg

「要は歩きたくないのだろう!」と叱られそう (^^ゞ
でも、ホント朝晩は寒いくらいです。くれぐれも風邪などをひかれませぬように。

PageTop

ことし、最初で最後の彼岸花

出すものを出して(注:トイレではありません)2週間の自由時間ができた。やることはあるのだけど、とりあえずたまっているフラストレーションを発散すべく外に行ってきました。


やっぱ、彼岸花はボリューム!

03DSC_1980R.jpg

右にパンすると、レスキューとゴミ収集車が狭い道で鉢合わせ。

03DSC_1984R.jpg

アゲハチョウが来たのでもう一度目を戻したのですが、とっさのことで、ピントが甘い!

03DSC_1976R.jpg

新幹線駅からクルマで5分くらいの場所なのですが、

03DSC_1995R.jpg

静かです。静か過ぎるくらい。

03DSC_1954R.jpg

聞こえるのはコンバインの音。稲刈りも進んでいます。

03DSC_1952R.jpg

白い彼岸花ではなく、退色のグラデーションです(悲)

03DSC_1986R.jpg



このままではちょっと帰れないので、コンバインのオジさんに教えていただいた山へ!
でも、山の中の彼岸花も、すでに盛りは過ぎていました。

03DSC_2046R.jpg

「私、それともあのケバい女?」と柿に迫られたら、「はっはい、あっあっあっ、あなたです」とつい答えてしまいそう。

03DSC_2037R.jpg

でも、後から渋柿とわかってもただ耐えるだけ(涙)
吊るしたろか!・・・ ってか?

03DSC_2032R.jpg

いちおう、はい、写っていますよ↓

03DSC_2010R.jpg

稲を干す風景、珍しいですね。

03DSC_2005R.jpg


彼岸花は、青空をバックにするととても映えるのですが、黄金の稲穂をバックにするのもなかなかかな。

03DSC_2068R.jpg

隠れているつもりでしょうが、この配色じゃ、まさに標的だよ。

03DSC_1967R.jpg

彼岸花のオシベの反りぐあい、"Oh, please !" ってやってるように見えてなりません。何をおねだりしているのでしょう。

03DSC_1957R.jpg

まだ若い彼岸花(笑)

03DSC_1964R.jpg

この「崖に生える彼岸花」、お気に入りです、はい。

03DSC_2050R.jpg


おまけも付いてるよ~

03DSC_2065R.jpg

ちなみに、向こうのオバちゃんは案山子です、はい。
どうりで、田舎のオバちゃん(失礼!)にしてはスレンダーだと思った(爆)


PageTop

コンビナートに咲く花

こんな花火だと面白いですけどね、怖いですが。

output92R.jpg

まっ、ありえませんが。


今回は、花火が上がるたびにリモコンレリーズのボタンを押して連写するだけのチョー安直花火撮影。
あとは、トリミングで体裁を繕って ・・・・

03DSC_1739R.jpg

03DSC_1768R.jpg

少々フレームアウトしてもおかまいなし。というか、ファインダーをぜんぜん覗いていないし、結果表示も見ちゃいないし。
友人の娘が次々に肉を入れてくれるし、ビールを注いでくれるしで、おじさんは忙しくって!

03DSC_1915R.jpg

output8R.jpg

03DSC_1844R.jpg

03DSC_1827R.jpg

output6R.jpg

03DSC_1763R.jpg

03DSC_1748R.jpg

03DSC_1809R.jpg

03DSC_1738R.jpg

高たんぱく(といっても主に大豆と魚)低脂肪のダイエット食のこの身には、久しぶりのコレステロール、刺激的でおいしかったぁ~!
帰りの車の中のニンニクの臭い、これまたたまりません (^^;

これで今年の花火は打ち止めではなく、ボクの知る限り、あと2回はあります。
冬の花火、楽しみですねぇ。


続きを読む

PageTop

狙いはいいのだけど ・・・・

これは、朝陽のモーニングシャワー!(ナンチャッテ :p

03DSC_1546R.jpg

散歩かたがた、"朝陽をうけて光る朝露"を狙ったのですが ・・・・

03DSC_1504R.jpg

03DSC_1509R.jpg

03DSC_1527R.jpg

03DSC_1528R.jpg

03DSC_1539R.jpg

なかなか、雫の中に光が入らず、光ってくれません。

そうこうするうちに日は高くなり、万事休す!
そもそもは、ちょっぴり寝坊して、出発が30分も遅れてしまったことに原因があるのですが、それはナイショです



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。