Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

面白く生きようよ!

DSC_7861R.jpg

高杉晋作の辞世の句といわれている句が刻まれています。

面白きこと なきこの世に おもしろく

面白いことをしよう、面白く生きよう!
世の中のせいにせず、なければ自分で作ろうぜ!

(あくまでプチパパの勝手な解釈)

この感覚、スキです。
大儀を上段に振りかざす人は「面白い」=「不真面目」ととりがちですが、高杉晋作はアマノジャクだったのかも。きっと 型(笑)


高杉晋作の歴史を見ていて思い出したのですが、彼は明倫校(長州藩藩校で、現在の萩市立明倫小学校)、昌平坂学問所(神田明神下の昌平橋あたりにあったのかしら)、松下村塾と学んでいたのですね。

松下村塾の主宰者吉田松陰は山口県では偉人で(当たり前か!)、県内にいくつも「松陰研究会」があったそうです。
プチパパがいた大学の教授がそのうちのひとつの研究会をやっておられて、「プチパパくん、ぜひ研究会に来なさい」とお誘いをいただいていたのですが、遊びで時間の余裕がなかったので不義理をしていました。
あのとき参加していれば、高杉晋作の人となりをもう少し詳しくお伝えできただろうと思いますが ・・・・






関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。