Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JR九州の電車

JR九州の車両は、ちゃんとデザインされていてスキです。それでも、以前はミキハウスの子供服のように原色の色使いが多かったのだけど、最近は落ち着いてきたので、好感度さらにアップです。

まずは787系
DSC_1434R1.jpg DSC_1436R1.jpg DSC_1437R1.jpg DSC_1438R1.jpg DSC_1440R1.jpg DSC_1444R1.jpg DSC_1446R1.jpg DSC_1449R1.jpg DSC_1452R1.jpg DSC_1455R1.jpg DSC_1456R1.jpg DSC_1459R1.jpg

つづいて、885系
DSC_1462R1.jpg DSC_1481R1.jpg DSC_1484R1.jpg DSC_1487R1.jpg DSC_1490R1.jpg DSC_1491R1.jpg DSC_1497R1.jpg DSC_1499R1.jpg DSC_1501R1.jpg
乗ったのは《ソニック(博多-(鹿児島本線)-小倉-(日豊本線)-大分)》だったのですが、車両はかもめ編成(博多-長崎)でした。
この電車、乗ったときには客室と乗務員室の仕切りのガラスはスリガラスのようだったのですが、発車したら透明になりました。まさか、液晶シャッターのような高価な仕組みは使っていないだろうに。
# 単に、カーテンを上げるところを見ていなかっただけかも。
DSC_1510R1.jpg DSC_1516R1.jpg

小倉まであと10分少々というところでわざわざ下車し、後続のソニックに乗り換え。
後続は883系でした。
DSC_1539R1.jpg DSC_1542R1.jpg

若戸大橋を見つつ、ほどなくして小倉到着。
この電車は、小倉でスイッチバックして日豊本線に入ります。
DSC_1553R1.jpg DSC_1554R1.jpg DSC_1552R1.jpg DSC_1557R1.jpg DSC_1560R1.jpg DSC_1563R1.jpg DSC_1566R1.jpg

JR九州の車両は、ドーンデザイン研究所というところが多くを担当されています。

ともあれ、500円の自由席特急料金で2種類の電車に乗れて満足!

この方も電車が好きそうでした。
DSC_1469R1.jpg
カバン、置き引きされないように気をつけて!

途中下車した折尾駅のホームの駅弁売りのオジさん。このテの仕事は、すでに絶えた仕事かと思っていました。
DSC_1521R1.jpg
儲かりまっか?

小倉駅で、マスクのオジさんが乗務員さんに何かを尋ねていました。そこに通りかかった乗務員さん2人。
DSC_1568R1.jpg
このオジさん、都合3人の鉄道マンの文殊の知恵を集めなければならないほどの難問を尋ねたのでしょうか。


いやぁ~、鉄道の旅って、ホントに楽しいですねっ!(水野晴男風に)
ぜひ、「九州~鉄道の旅」をシリーズ化したいものです。せめてもの冥土の土産に、コレには乗っておきたいものです!




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうだった…

意外なんだけど…兄ちゃん…電車好きなんだよね?
それって…アタシ的には、意外なの(笑)
ブー型って…好きなことには、没頭するからね~♪

みみこ。 | URL | 2009-12-26(Sat)11:40 [編集]


そう!

小さい頃から《働く車》と《乗り物》が大好きで、そのまま大きくなったからね。中学校のときには時刻表が会い読書だったし、大きくなってからのクルマもその延長線上なんだけど ・・・・ 意外かなぁ~

まっ、「好きなことには没頭する」くらいはまだいいけど、「キライなことには見向きもしない!」というこのv-16型はいかがなものかと。もっとも、そんな自分をけっこう気に入っていますけどね。

プチパパ | URL | 2009-12-26(Sat)11:54 [編集]


こんばんは!
最後のおじさんはきっと忘れ物したばかりとか??
確かに乗務員3人とは大事だったんでしょうね~

ゆふいんの森!知ってるーー!(プラレールだけど笑)
そうそう少し前なのですが、近くの線路横に珍しく
カメラ小僧数名いたんです。まさかプチパパだったとか。
まさかだ (´ω`;)ぷぷぷ

微糖 | URL | 2009-12-26(Sat)23:52 [編集]


そう!

ゆふいんの森って、すごく雰囲気があるでしょ、プラレールでもきっと。!
湯布院温泉は泊まらなくてもいい。日帰りで同じ列車で往復でも、日豊線経由で北九州グルリ旅でもいいんだけど。

あっちでカメラ小僧が集まる珍しい列車が走ったのですかね。プチパパは、気持ちは若いのですが、肉体はそこまで若く見えません、残念ですが。ホントに残念です。

プチパパ | URL | 2009-12-27(Sun)00:16 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。