Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初冬の秋吉台

フッと思い立って、秋吉台に行ってきました。

「"フッと"というにはいかがなものか」という時間帯ですが (^^;

DSC_1726R.jpg

秋吉台(地図)はけっこう広いのですが、その中ほどにある長者ケ森付近からのパノラマ(360°少々)です。

Panorama1R.jpg
(クリックすると、正しい比率で大きくなります)

こちらは、展望台からのパノラマ(120°くらいかな)です。

Panorama2R.jpg
(クリックすると、正しい比率で大きくなります)

なだらかな大地のそこかしこに石灰岩が露出し、「羊が放牧されているよう」とも表現されます。

DSC_1801R1.jpg

右の木の向こうに見える緑の塊が長者ケ森で、その向こうの小山の中腹から上のパノラマ写真は撮りました。

DSC_1794R1.jpg

この秋吉台は、2月の第3日曜日に山焼きが行われます。といっても、プチパパが知るかぎり予定通りに行われたためしはなく、翌週の日曜日に延期されています。ともあれ、、かなり煙いですが、なかなか壮大な景色です。これは、来年、またレポートします。

このあたり一帯は石灰岩で、秋吉台はその上に表土がかぶったものです。石灰岩が雨水(炭酸水)で溶かされ、地下の鍾乳洞(秋芳洞)の天井でツララになっているものが氷柱石、地面にポタポタと落ちて筍のように結出したのが石筍、これらがつながると石柱です。これもまた、そのうちに。

でも、ほらっ、行ってみたくなったでしょ!



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。