Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海を走る橋

ミネラルの補給に向かったのは、角島地図)。
角島は、映画四日間の奇蹟のロケ地として有名だそうです、プチパパは知りませんでしたが (^^;
本州と角島を結んでいるのが角島大橋で、レクサスやさかい引越しセンターのCM映像に使われています(これは知っていた)。

DSC_1910AR.jpg
(さらに大きくなります)

さあ、角島に渡りますよ。
DSC_1923AR1.jpg

渡って、まずはイカ焼き定食。
DSC_1938R1.jpg

ついていたササエがおいしくって、さらに単品で4個も追加オーダー。
DSC_1939AR1.jpg
なんたって、少々小粒ですが1個100円ですよ。身も心も満足です m(_ _)m


角島は山口県の北西角、日本海(響灘)に面した場所です。
# ちなみにここらから釜山まで、直線距離だと200kmもありません。
このあたりから萩を通って島根県の手前あたりまでが北長門海岸国定公園です。
海も空も、最高にきれいな場所です。

DSC_1996AR1.jpg

そりゃ、こんな空の下だったら、ごろりとしたくなりますよね。
DSC_1984AR1.jpg

DSC_1963R1.jpg

海岸を見つめる視線の先では、
DSC_1959R1.jpg

恋人たちでしょうか、浜を散歩したり、
DSC_1948AR1.jpg

波と戯れているし ・・・・
DSC_1949R1.jpg


この日はお天気は良かったのですがけっこう風が強く、水平線がギザギザしています。
DSC_1934AR1.jpg

と、そうこうしているうちに陽も傾き、
DSC_2015R1.jpg

ついに母なる海にKiss !
DSC_2036AR.jpg
(さらに大きくなります)

日没と点灯までの間って、寂しくって寒いですね。
DSC_2067R1.jpg

DSC_2066R1.jpg


ということで、我々も帰路につくことにしました。
DSC_2090R1.jpg

夜の角島大橋もきれいで、
DSC_2122R.jpg
(さらに大きくなります)
もう少しいろいろ撮ってみたかったのですが、なにせ寒くって ・・・・ 早々に引き上げました。


ほら、走ってみたくなったでしょ、山口を!

日本橋三越前からここまで1,012.59km、自走しても半日。大阪まで自走して、大阪からフェリーに乗れば、楽勝で翌朝には橋を渡れます。東京からフェリーに乗れば、怠惰にもゴロゴロしながらTVを観て、翌々朝には角島大橋に着きます。
ねっ、近いでしょ!


naonao7さんのための特別付録は、角島灯台。

DSC_2070R1.jpg

日本海では初めての洋式灯台で、日本でも6個所しかない特大フレネルレンズがあり、第1等灯台に指定されている。
# そういわれても、私にはその価値は分かりませんが (^^ゞ


このあたりから下関に向かって、海岸線はほぼ南北に走ります。つまり、夕陽は海に沈むのです。なので、夕陽の絶景スポットがあちこちにあります。
そのひとつのココ(下関フィッシングパーク)は以前に紹介しました。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいね~

ちびにゃごが砂地に寝転がってる写真と、プチのうしろ姿…
…って、ちびにゃごが向こうに行っちゃってるけど、みみねぇちゃん、OKなん?

ち | URL | 2010-01-05(Tue)20:09 [編集]


し~~~ぃっ!

大きな声で言わないで。みみこしゃんに気付かれちゃうじゃないかぁ~(爆)

おいでませ、山口へ!
もれなくご案内いたします m(_ _)m


プチパパ | URL | 2010-01-05(Tue)20:16 [編集]


素敵な灯台^^

こんばんは~^^

上品な灯台ですね~^^下のほうはレンガですか?
先日カリフォルニアでみた灯台は四角くてレンガの灯台でした!ブログにアップした白い灯台もそうですが、、レンズがまるで宝石のような形でした^^

海の写真ですが、、真鶴の三石に少し似てますね!
とっても素敵!!

naonao7 | URL | 2010-01-05(Tue)22:50 [編集]


古~~い灯台のようです

全体が石のブロックを積んで作られたようです。
ひとっ走りですよ、実物を見に来ませんか?

プチパパ | URL | 2010-01-06(Wed)15:13 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。