Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石油ストーブ

この家の暖房器具といえば、石油ストーブ(ファンヒーターでもない昔ながらの)と数台(!)の電気ストーブしかない。まっ、比較的温暖な地だから、それですむといえばすむのだが。
老婆に聞いたら、「石油ストーブは臭いから使わないよ」とのこと(そういうことを聞いているのではないけれど)。
つまり、自分が居る場所で、自分に向けて電気ストーブを点ける。そんなスポット暖房しかしていないし、使わない部屋の扉も開け放しているから、いくら温暖な地とは言え家の中が寒々しい。
しょうがないので、使っていないという石油ストーブを物置から持ち出し、灯油を買ってきて燃焼試験したら、特に問題なさそう。それに、言うほど臭くはない。ということで、石油ストーブを扉を開け放したボクの部屋で焚き、廊下の反対側のDKと老婆の部屋の扉を開け放して、面で温める暖房に切り替えることにした。
老婆曰く「今年の冬は暖かいな。トイレに行くときにコートを着なくてすむ」だと。「違うよ。石油ストーブで廊下まで温めてるからだよ」とおしえる。「それだと、灯油がいっぱい要るだろう」と老婆。そりゃそうだ。

ということで、石油ストーブの上に鍋を置くことにしました。
中火以下でクツクツと長時間煮込むものということで、ここのところ豆に凝って居ます。先日のぜんざい然り。黒豆や金時豆はもちろんのこと。

DSC_2813R1.jpg


大豆の水煮を作っておいて、豆ひじきを作ったり、さらにそれをご飯で炊き込んでひじきご飯にしたり。

DSC_2811R1.jpg

豆以外では、おでんが最高!
昆布だしの中で魚系の味(イワシのつみれやはんぺんなど)と肉系の味(鶏団子や牛スジなど)の味が混ざって、めちゃおいしかった。スジもトロトロでしたね。
シチューやカレーも最高!
安いすね肉(東京に比べて、こっちは肉が高い!)を朝から煮込んでおくと、夕方には無添加極上ブイヨン。そのまま一晩寝かせ、翌朝、白く固まった脂を取り除き(もったいないけど)、野菜を放り込んで、晩ご飯に。食塩をほとんど使わずにすみますよ。
ポトフは、朝からやって失敗でした。キャベツとかジャガイモとか、完全に煮崩れちゃって。ソーセージや肉などは朝かクツクツやってもいいけど、野菜は時間を考えなきゃ!(と、反省)

ともあれ、時間がおいしくする料理には石油ストーブは最高!


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。