Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

萩往還(佐々並~山口)

大内氏を滅ぼした毛利氏が中国一円を支配しましたが、関が原の戦いで敗北した西軍(豊臣側)の総大将に担ぎ上げられていたため、所領は周防・長門になり、石高も120万石から36万石まで減ってしまいました。
さらに、一国一城政策で、交通不便な日本海側の萩にお城を構えることになりました。でも、参勤交代があるので、とりあえず山陽側に出る道が必要になり、作られた道が萩往還です。
DSC_3723R1.jpg

参勤交代一行は、萩からこの道を通って旧山口市へ、さらに瀬戸内海沿岸の三田尻(現在の防府市)へ。そこらか阪神か、ひょっとしたら遠州あたりまで(想像)船で行ったらしいです(これは事実)。

江戸時代末期には、萩ではあまりに不便なので旧山口市に藩庁(現在の山口県庁の場所に門だけが残っている)を設置したそうで、
IMG_2323R1.jpg
ここと萩のお城の間を早馬のクーリエが定期便で走ったことでしょう(司馬遼太郎的想像)。


峰越林道から県道62号坂堂峠を通って山口旧市街に抜ける途中で、この萩往還と交差しました。

この坂道を登ると萩方面で、
DSC_3722R1.jpg

こちらの坂道を下ると山口方面。
DSC_3724R1.jpg

この道は、山口市の天花に出ます。
DSC_2890R1.jpg


60歳になる前にこの萩往還を歩いてみたいなとは思うのですが ・・・・


ともあれ、この萩往還レポート、おいおい山口~防府編と萩~佐々並編を作ろうと思います。




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。