Talking Eyes

プチパパは、山口で元気に暮らしています。痩せたし、ほぼ健康になったし ・・・・ 多少、否、多分に刺激欠乏症気味ですが(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おひさ~

1か月も更新をサボってしまいました。

先日、京都に行ってきました。3年ぶりです。

用事があったのは、ココ鞍馬口(註:鞍馬天狗の鞍馬山とは違います)の千松山遍照院上善寺
観光寺院ではないので、境内は静かです。

D40_03DSC_3012R.jpg

このお寺にウチの墓があり、1月に亡くなった父親を百ヶ日で納骨してきました。


このお寺は歴史のあるお寺で、今回はじめて知ったのですが、「長州人首塚」というのがあるのです。

D40_03DSC_3003R.jpg

なぜここにあるのか、上善寺と長州はどんな関係だったのかは分かりません。しいて言えば、たまたま、御所と近かったということくらいしか思い浮かびません。まっ、次回行ったときにでも、ご住職に尋ねてみます。

D40_03DSC_3004R.jpg

塚の右脇にある石碑にいわれが書いてあったのですが、やはり読めません(^^;

D40_03DSC_3006R.jpg

薩摩と会津の陰謀で御所警備をクビになった堺町御門の変のあと、起死回生を狙った禁門の変(蛤御門の変)で戦死した入江九一らの塚らしいということしか分かりません。
ちなみに、堺町御門は、御所の南側中央の丸太町通り面したココです。


京都に行ったついでに、未訪の醍醐寺にも行ってきました。
山科方面は「不便」「田舎」、醍醐は「もっと不便」「歩く」というイメージで敬遠していたのですが、地下鉄東西線(千葉には行きません:笑)で行くと、烏丸御池から醍醐まで20分。駅からバスで5分、「早い!」「楽ちん!」です。友人の案内で行ったのですが、一緒でよかった。というか、一緒じゃなければ、行こうという気にならなかった。

D40_03DSC_3067R.jpg

D40_03DSC_3063R.jpg

醍醐寺といえば奥村土牛の「醍醐」(山種美術館所蔵)ですが、もちろんしだれ桜の季節は終わっています。

でも、八重桜は少し写せました。

D40_03DSC_3060R.jpg

D40_03DSC_3019R.jpg

D40_03DSC_3024R.jpg

D40_03DSC_3027R.jpg

D40_03DSC_3064R.jpg

D40_03DSC_3045R.jpg

D40_03DSC_3031R.jpg

でも、GWはもうダメでしょうね。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。